月の土地購入

月の土地購入◇ 愉快な宇宙旅行

スポンサードリンク

Home>月の土地購入
月の土地購入

〜夢の宇宙への第一歩〜


ついに月の土地を買ってしまいました。以前から、よく話題に取り上げられていた月の土地の所有権、そんなものはきっと、ごく一部のお金持ちしか手にする事が出来ない、高額で手間のかかるものだと言う固定観念にとらわれていました。ところが、月の土地は誰にでも簡単に手に入れられると言う情報を得て、早速検索。そして、気になるお値段は、な・なんと3.000円でした。3千万円ではなく、ただの3千円です。しかも購入方法も簡単で、権利書へ記載される項目の入力をして注文するだけです。たったそれだけで自らの夢である宇宙への第一歩を手に入れてしまったのです。しかし、ちょっと待てよ!!購入前に様々な疑問が頭をよぎりました。疑問は以下の内容です。



上記は
月の土地権利書/月の地図/月の憲法です。
他に月の土地権利書/(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4)・土地所有権の宣言書コピー(英文)がオリジナル封筒 で届きます。

疑問その1
 いったい月の土地は誰のものなのだろう?

疑問その2
 詐欺まがいの金儲けなんじゃないの?

疑問その3
 どれくらいの広さの土地が得られるのだろう?

そのような、疑問は月の土地を分譲しているアメリカに本社を構える”The Lunar Embassy.LLC”のルナエンバシージャパンのホームページに訪れ、すぐに解消しました。

その答えは、「月は誰のものか?」という疑問です。そもそも月の土地を販売しているのは、現アメリカルナエンバシー社CEOのデニス・ホープ氏です。


ホープ氏は「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかったそうです。
この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。
この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えたホープ氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。
これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。
この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始したそうです。

その内容で、疑問その1、その2は解消。疑問その3の
”どれくらいの広さの土地が得られるのだろう?”の答えは
3.000円で1エーカーです。(1エーカーは一辺 208.71フィート(63.61メートル)の正方形の面積に等しい。)

それらの疑問も解消され、価格の安さにも納得。即、注文。(自分はどうせ買うならと「月の土地 カード付ファイルセット」7.000円のを購入)


自分の名前が書かれた権利書


権利書が届くと、それはとても自分にとっては価値観のあるもので、もし我が月の土地に足を踏み下ろすことがないとしても、夢とロマンを手に入れることができ、大満足です。
今まで普段は何気なく眺めていた月。その月に土地を所有しているなんて、今では月を毎日見て、思わず似焼けている自分がいます。

ご興味のある方や購入したい方は下記をクリックすると情報がみれます。

                  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

Copyright(C) LuckyVeryBell All Rights Reserved