太陽系

我が太陽系


スポンサードリンク




我が太陽系
太陽系<Solar System>

〜マメ知識編〜



Top

およそ45億年前誕生したとされている我が 太陽系

 我らの住む地球は、銀河系に多数存在する惑星の1つ、太陽系に属する小さな惑星


 「太陽系」とは、
恒星である太陽を中心にその周りをまわる全ての 天体のことです。天体には、惑星準惑星衛星
小惑星彗星
流星物質があります。太陽系は楕円形をした「天の川銀河」の一部です。太陽は太陽系の総質量の99.86%を
占めていて、惑星、矮惑星、衛星、小惑星、彗星、流星物質は太陽の非常に強力な引力で引きつけられているので
す。

 
太陽系は約45億年前に形成されたと考えられています。その起源については2つの意見に分かれています。起源@ただ一つの平べったいガスの雲から形成されたとする説。起源A巨大な天体が太陽の近くを通過した時に太陽からガスの流れが引き出されて、太陽系が形成されたとする説。また、惑星はガスの流れから形成されたと考えられています。

スポンサードリンク

Top Top



天体画像をクリックして下さい


太陽の3DCG画像とマメ知識へどうぞ 太 陽<Sun>恒星

  ●直径:130万2000km
  ●地球からの平均距離:1億4960km
  ●自転周期:27日6時間36分
  ●表面温度:約6000℃
  ●大気:水素、ヘリウム、酸素etc.
 
 もちろん我が太陽系の中心にある光球状の恒星。そこから今一番遠く にある人工物がボイジャー1号。10年以内に太陽系の最果て、ヘリポーズを通過する予定。
水星の3DCG画像とマメ知識へどうぞ  水 星 <Mercury>

  ●直径:4880km
  ●太陽からの平均距離:5700km
  ●自転周期:58日15時間36分
  ●惑星数:0
  ●表面温度:約6000℃
  ●大気:カリウム、酸素etc.
 
 太陽系で最も小さく、月のように無数のクレーターに覆われた惑星。1975年にマリナー10号が最接近し、水星を訪れた唯一の探査機となる。
金星の3DCG画像とマメ知識へどうぞ   金 星<Venus>

  ●直径:1万2104km
  ●太陽からの平均距離:1億820km
  ●自転周期:243日
  ●惑星数:0
  ●表面温度:約400℃〜500℃
  ●大気:二酸化炭素、窒素etc.
 
 地球に最も近く、かつては地球と近い大気構成であった。しかし現在では気温などが変わり、硫酸の雨が降ると極悪環境の惑星となっている。
地球の3DCG画像とマメ知識へどうぞ   地 球<Earth>

  ●直径:1万2756km
  ●太陽からの平均距離:1億4960km
  ●自転周期:23時間56分
  ●惑星数:1
  ●表面温度:約-70℃〜55℃
  ●大気:酸素、窒素、アルゴンetc.
 説明するまでもないが太陽系と同時期に誕生し、太陽系内で唯一、生命体が確認されている惑星。地球太陽間が1天文単位(AU)と制定されている。
月の3DCG画像とマメ知識へどうぞ   <Moon>衛星

  ●直径:3474km
  ●自転周期:27時間43.7分
  ●表面温度:約40k〜369K
  ●大気:ヘリウム、ネオン、水素、
     アルゴンetc.
 太陽系の中で地球に最も近い自然の天体であり、人類が到達したことのある唯一の地球外天体でもある(2007年現在)。地球の周りを回る衛星。
火星の3DCG画像とマメ知識へどうぞ   火 星<Mars>

  ●直径:6794km
  ●太陽からの平均距離:2億2794km
  ●自転周期:24時間38分
  ●惑星数:2
  ●表面温度:約-120℃〜25℃
  ●大気:二酸化炭素、窒素etc.
 火山や砂漠、谷などといった複雑な地形や、巨大隕石の衝撃によるクレーターを持つ惑星。今のところ火星人は発見されず。
木星の3DCG画像とマメ知識へどうぞ   木 星<Jupiter>

  ●直径:14万2984km
  ●太陽からの平均距離:7億7830km
  ●自転周期:9時間56分
  ●惑星数:63
  ●表面温度:約-130℃
  ●大気:水素、ヘリウムetc.
 太陽系最大の惑星、表面は、赤色やオレンジ色の帯、特徴的な模様のな渦「大赤班」に覆われている。
土星の3DCG画像とマメ知識へどうぞ   土 星<Saturn>

  ●直径:12万520km
  ●太陽からの平均距離:14億2940km
  ●自転周期:10時間24分
  ●惑星数:56
  ●表面温度:約-180℃
  ●大気:水素、メタン、ヘリウムetc.
 太陽系で2番目に大きな惑星。明確に見える7つの環が特徴。2004年にカッシーニ土星探査機が軌道に乗り長期探査を開始している。
天王星の3DCG画像とマメ知識へどうぞ  天王星 <Uranus>

  ●直径:5万1100km
  ●太陽からの平均距離:28億7500km
  ●自転周期:17時間8分
  ●惑星数:29
  ●表面温度:約-120℃
  ●大気:水素、メタン、ヘリウムetc.
 
 1781年にウィリアム・ハーシェルに発見された。1986年にボイジャー2号が最接近し上空1万km地点に磁場が確認。2005年新たに 2本の環が発見されている。
海王星の3DCG画像とマメ知識へどうぞ  海王星 <Neptune>

  ●直径:4万9528km
  ●太陽からの平均距離:45億440km
  ●自転周期:16時間4分
  ●惑星数:13
  ●表面温度:約-210℃
  ●大気:水素、メタン、ヘリウムetc.
 1846年にユルハン・ルブェリエらにより発見された。巨大な氷惑星。1989年にボイジャー2号が4万8000km地点まで接近し撮影に成功。その時4本の環の存在を確認したのでした。
冥王星の3DCG画像とマメ知識へどうぞ   冥王星<Pluto>惑星

  ●直径:2274km
  ●太陽からの平均距離:59億1510km
  ●自転周期:6日9時間36分
  ●惑星数:3
  ●表面温度:約-230℃〜210℃
  ●大気:窒素、メタン
 1930年にクライド・ウィリアム・トンボーにより発見された惑星だったが、2006年8月24日にIAU(国際天文学連合)で降格され矮(わい)惑星となったのはニュースで話題になったのですが、その後、日本学術会議の小委員会が日本語では「準惑星」と表記することを推奨すると提言し現在では準惑星で統一されています。

彗 星
<Comet >


彗星のマメ知識へどうぞ
流 星


流星のマメ知識へどうぞ
小 惑 星

小惑星のマメ知識へどうぞ

天体画像をクリックして下さい

スポンサードリンク


  MENUE  


「愉快な宇宙旅行」〜TOP〜


「我が太陽系」
「太陽」「水星」 「金星」
「地球」
「月」 「火星」
「木星」「土星」「天王星」
「海王星」「冥王星」

「一匹の犬と11人の英雄たち」


「空と宇宙の境界線」

「4次元の世界大宇宙」

宇宙空間に放り出されたら

「空を見上げると人工衛星」

「アメリカ流ロシア流宇宙開発」

「ロシア最先端を行く」

地球環境と宇宙開拓の真の目的

「宇宙で世界観光旅行」

「宇宙ホテルでバケーション」

「宇宙旅行費用捻出計画プラン」

「ついに明かされたUFOの謎」

「あなろぐロケットからの脱皮」

「想像を絶する知的生命体」

「ホントに神は宇宙人」


「ISSに最高の誕生プレゼント」

「無重力で苦手を克服せよ」

「未来は想像力にあり」



宇宙・天体・リンク集

<T> <U> <V>
<W> <X><Y>

リンク集・リンクについて



インフォメーション

プロフィール


Top


Copyright(C) LuckyVeryBell All Rights Reserved