天体小惑星

小惑星
スポンサードリンク
小 惑 星
      





<<< 小 惑 星 マメ知識 >>>


小惑星とは、数メートルから数キロメートルまで、さまざまな大きさをした天体です。

最初の小惑星は1801年1月1日に発見されたケレスです。

ケレスは直径910キロメートルの最大の小惑星です。





 小惑星はまた、太陽系が形成された時に残った破片と考えられています。

多くの小惑星は火星と木星の間の小惑星帯に存在しています。

この小惑星帯は惑星と同じ方向に、やや楕円形の軌道で太陽の周りをまわっています。

太陽を1周するのに3〜6地球年かかります


小惑星は、惑星のようなより大きな天体の引力によって、

小惑星帯から引っ張り出されることがあります。

惑星の引力にとらえられると、その惑星の衛星になります。

火星の衛星のフォボスやデイモスは、

こうして火星を周回するようになったのだと考えられています


 小惑星は、惑星に衝突して衝突クレーターを作ることもあります。

約6500年前、小惑星がメキシコのユカタン半島に衝突して、地球上の恐竜を絶滅させた

原因になったのではないかと考えられています。



 天文学者によれば、小惑星帯に及ぼす木星の強力な

引力がなかったならば、水星、金星、地球、火星のような

地球型惑星は、たえず大きな小惑星に衝突される

ことになるとのことです。


木星は、絶え間ない小惑星の衝突から地球を守ってくれているのです。



スポンサードリンク

Link top >  



Copyright(C) LuckyVeryBell All Rights Reserved