天体流星

流 星

スポンサードリンク
流 星




<<< 流 星 マメ知識 >>>


流星や流星物質と隕石の違いは

流星は地球の大気に突入して燃え尽きてしまう物質で、

隕石は燃え尽きないで地球に衝突する流星のことです。

 流星物質は、宇宙を移動する岩石性または金属性の破片のことで、それぞれ異なる軌道を持ち、

さまざまな速度で太陽の周りをまわっています。最も速い流星物質は、

秒速約42キロメートルくらいでまわっています。大きさは小石位のものがほとんどです。

 こうした破片が地球の大気圏に入ると、

大気との摩擦で熱せられて輝き、

私達の目に見えるようになります。

この光りの筋が流星です。ほとんどの流星は、

地球に衝突する前に燃え尽きてしまいます。
その輝きは、わずか数秒間にすぎません。

流星は暗い夜であれば見られますが、肉眼で見るには真夜中過ぎの方がよく見えます。

 地球が彗星の破片でできた帯の中を通過すると、流星のシャワーが起こります。

流星は、しばしば「落ちる星」とか「飛び出す星」と呼ばれます。]


ピークスキル流星の火の球
最も明るい流星は、「火の球」と呼ばれます。

雷が鳴ると稲妻が光るように、

火の球が現れると轟音が響くことがよくあります。


 1年のある時期には、たくさんの流星が見られます。

毎年11月17日頃現れるしし座流星群はその代表例です。

流星物質は大気中で燃え、塵となって地球に落下します。

およそ3000メトリック・トン(300万kg)の塵状の物質が、 毎日宇宙から地球に落ちてきます。

完全に燃え尽きない流星は、地球に衝突します。これが隕石です。

毎年100個以上の隕石が地球に衝突します。

幸運にも、そのほとんどは非常に小さい隕石です。

隕石が人にぶつかった例は、1954年の


アメリカアラバマ州シラコーガに住むアン・ホッジスさんが家の屋根を衝突19.84kgの隕石で傷しました。

それと最近では2〜3年前にイギリスの12歳位の少女の足に当たったケースがありますが、

その少女はその隕石を持ちニッコリと微笑んでいる写真が報道されました。


 大きい隕石は、小惑星帯で誕生すると考えられています。

小さい隕石の中には、月や火星から飛んできた岩石の破片であることもあります。

大昔の大きな隕石が地球に衝突してできたのと同じようなクレーターが、月でも発見されました。

アメリカのアリゾナ州ウィンスロー近くに、

隕石の衝突でできたバリンジャー衝突クレーターがありますが、

このクレーターは、およそ4万9000年前、

30万トンの隕石の衝突でできたと考えられています。


 アフリカのナミビアで発見されたホーバ鉄隕石は現存する最大の隕石で、重さは66トンと推定されています。

一部が腐食してしまっているので、最初は100トンはあったでしょう。


 アメリカで最大の隕石は、1902年にオレゴン州で発見された重さが15トンのウィラメット鉄隕石です。


スポンサードリンク
Link top >  



Copyright(C) LuckyVeryBell All Rights Reserved